育毛剤の副作用

ミノキシジルに多い副作用
医薬品の育毛剤には副作用の可能性があります。特に、ミノキシジルに含まれるプロピレングリコールという溶剤がアレルギー反応の引き金となっています。 最も起こりやすい副作用は、頭皮のかゆみです。全く感じない方もおられますが、かゆい方は我慢ができないほどです。その他にも、以下のような副作用がこれまで確認されています。 低血圧・赤ら顔 ・性欲減退 ・多毛症・ 頭痛やめまい・ 不整脈、動悸・ 手、足、顔のしびれ・むくみ・急速な体重増加・胸痛・にきび・発しん・皮膚の紅潮・ミノキシジルを含有している製品として、ロゲインやリアップなどがあります。リアップは発売5ヶ月で販売本数400万本を突破しましたが、上記のような副作用の報告が約500件生じています。 ミノキシジル製品を使われる方はあらかじめ注意し、もし副作用が確認されるようであれば、即座に服用を中止してください。
フィナステリドの副作用
フィナステリド(プロペシア)の場合は、ミノキシジルのような強い副作用はなく、あっても軽微です。重篤な副作用の報告事例はなく、国内の臨床試験では、「1mgのプロペシアで胃部不快感、性欲減退など約5%の副作用が認められた」とされています。 大半の使用者が副作用なくプロペシアを服用されますが、万一のことがありますので、基本は医師の診察のもとでの使用と認識してください。
国内の育毛剤の副作用
国内のものが全て安全であると鵜呑みにすることはできません。メーカー次第では、考えられる副作用の記載をしていなかったり、副作用が出かねない分量の使用を特別な警告なしに促していたりする場合があります。 当サイトでは、こうした傾向が見られる育毛剤を掲載しないようにしていますが、それでも最後は購入者の「自己責任」となりますので、購入の際にはしっかりと注意することが大切です。 育毛剤をあまり使用したことのない方は、最初に予防的な意味合いが強いCM系の育毛剤や、人気と安全性の高い国内の育毛剤を使用するとよいかもしれません。

TOP男性用の育毛剤女性用の育毛剤 | 育毛剤ランキング | 人気の育毛剤 | 育毛剤の裏表育毛剤の副作用育毛剤の種類と効果